Paleomagnetic direction and paleointensity variations during the Matuyama–Brunhes polarity transition from a marine succession in the Chiba composite section of the Boso Peninsula, central Japan


形式参考書籍・資料
著者岡田誠, 菅沼悠介, 羽田裕貴, 風岡修
オンライン版公開日 2017年3月21日
掲載誌Earth, Planets and Space

購入先

The youngest geomagnetic polarity reversal, the Matuyama–Brunhes (M–B) boundary, provides an important plane of data for sediments, ice cores, and lavas. The geomagnetic field intensity and directional changes that occurred during the reversal also provide important information for understanding the dynamics of the Earth’s outer core, which generates the magnetic field.Paleomagnetic direction and paleointensity variations during the Matuyama–Brunhes polarity transition from a marine succession in the Chiba composite section of the Boso Peninsula, central Japan | Earth, Planets and Space | Full Text


引用

地球の歴史に「千葉時代」 詳細な地層分析で太古の地球環境を復元

2017年11月12日、千葉県市原市の地層「千葉セクション」が一つの地質時代を区切る代表的な地層として認定を受ける大きな一歩を踏み出したことが発表されました。当初はライバルであったイタリア優勢の声も聞こえて来ましたが、研究チームが一丸となって隙のない研究成果を揃え、見事に難関をクリアしました。

こちらもおススメです

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。