特異性を重視した新たな癌の分子イメージングと近赤外光線免疫療法 -Drug Delivery System Vol. 29(2014) No. 4 イメージング技術による診断と治療の進歩


形式論文
著者小林久隆
出版日2014年12月25日
出版社日本DDS学会

ダウンロード先

近年、生体内の情報を画像として読みとる生体画像科学は、「Molecular Imaging /分子イメージン グ」という学問体系のもとで、大きな進歩を遂げてきた。科学の研究・開発の中で、生体画像科学は、 応用科学の粋ともいうべきものである。…Drug Delivery System


引用

こちらもおススメです

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。