医学

医学の記事

医学のピックアップニュース

2018年1月15日医学

がん光免疫療法の実用化に向けて島津製作所とNCIが共同研究契約を締結

島津製作所は、米国国立がん研究所(National Cancer Institute:NCI)と5年間の共同研究契約を締結し、がん光免疫療法における抗原抗体反応を起こしたがん細胞への集積度合いや近赤外光による化学反応の進行状況を計測技術の開発すると発表しましたがん光免疫療法の実用化を目指す – 島津製作所とNCI、共同研究契約を締結 | マイナビニュース

-2018年1月15日
2017年11月30日医学

村中璃子氏(医師・ジャーナリスト)にジョン・マドックス賞

子宮頸がんワクチンの安全性を検証する発信を続けてきた医師でありジャーナリストである村中璃子氏が科学誌「ネイチャー」らが主催する「ジョン・マドックス賞」を受賞しましたジョン・マドックス賞に日本人医師 村中璃子氏、子宮頸がんワクチン問題について発信 – 産経ニュース海外の一流科学誌「ネイチャー」 HPVワクチンの安全性を検証してきた医師・ジャーナリストの村中璃子さんを表彰

-2017年12月2日
2017年11月13日医学

服用情報を体内から発信する「デジタル錠剤」を米食品医薬品局が承認

抗精神病薬エビリファイ(大塚製薬)に小型のセンサーを埋め込んだ錠剤(デジタル錠剤)と、この錠剤の服用情報を体外から検知する検出器が米食品医薬品局(FDA)によって承認されました体内から信号「デジタル錠剤」 大塚製薬、世界初の承認:朝日新聞デジタル

-2017年11月15日
2017年11月6日医学

保仙直毅准教授(大阪大学)らが「多発性骨髄腫」に対する免疫療法を開発

大阪大学の保仙直毅准教授、熊ノ郷淳教授、蛋白質研究所の高木淳一教授らの研究グループはCAR-T細胞療法を用いて血液のがんの一種「多発性骨髄腫」の細胞だけを攻撃し、大半を死滅させることに成功したと発表しました血液のがん細胞狙い撃ち死滅 阪大が実験成功、免疫療法開発へ – 共同通信 47NEWS多発性骨髄腫に対する新規「CAR-T細胞療法」を開発―インテグリンβ7の活性型立体構造を標的とした免疫療法― | 国立研究開発法人日本医療研究開発機構

-2017年11月7日
2017年11月1日医学

森本尚樹准教授(関西医科大学)らが高圧処理によりほくろを自然消滅することに成功

森本尚樹准教授(関西医科大学)らの研究チームは、メラニン色素の産生を助けるほくろの母斑細胞を2,000気圧で10分間処置することで、他の組織を傷つけること無く母斑細胞などを死滅させることに成功したと発表しました関西医科大学が、ほくろを自然消滅させる仕組みを解明 | 大学ジャーナルオンライン

-2017年11月5日