政治とカネ

政治とカネの記事

甘利明事務所によるUR都市機構補償問題口利き疑惑 -TPP交渉合意の立役者に一体何が?

甘利明TPP担当大臣(当時)と地元事務所に対して1200万円の利益供与を伴う口利き疑惑が週刊文春にて当事者により告発されました。 結果的に全員不起訴となりましたが、告発者の用意周到さから逆に甘利氏は嵌められたのではないかという別の疑惑まで持ち上がりました。

政治とカネのピックアップニュース

2013年11月24日政治とカネ

2013年の岸和田市長選で信貴芳則市長が推薦を得るために自民党関係者に200万円渡す

2013年11月24日投票の大阪府岸和田市長選に立候補し、初当選した信貴芳則市長がその際、自民党推薦を取り付ける為に自民党関係者に合わせて選挙運動費用収支報告書や政治資金収支報告書に記録を残さず現金200万円を渡していたことがわかりました岸和田市長、自民関係者に現金預ける 4年前の選挙前:朝日新聞デジタル岸和田市長 前回選挙で推薦得るため現金200万円 自民党員に | NHKニュース
自民党関係者はその200万円を神谷昇衆議院議員に渡したと会見しましたが、神谷議員は否定しています。

-2017年11月27日
2016年11月24日政治とカネ

若宮健嗣衆議院議員(自民党)が戦艦模型とディスプレイケースを「事務ケース」として政治資金で購入

若宮健嗣衆議院議員が代表を務める資金管理団体が、政治資金で購入した旧日本海軍の潜水艦「伊400型」の模型(17万1千円)とアクリル製ケース(2万1600円)合わせて19万2600円を「事務ケース」として計上していたことがわかり、発覚した25日中に収支報告書を訂正しました自民・若宮健嗣氏、政治資金で高級模型購入 「記載訂正」と説明 専門家は虚偽記載の可能性指摘 – 産経ニュース

-2017年11月26日
2017年9月下旬政治とカネ

神谷昇衆院議員(自民党)が、衆議院解散前後に市議会議員に現金配布

神谷昇衆院議員(自民党)が、衆議院の解散前後の9月に和泉市と岸和田市の市議会議員14人に対し、「政治活動費」として、それぞれ10万円または20万円、合わせて210万円を配っていたことがわかりました。受け取った14人全員はすぐに返金しています。
神谷議員は「政治団体から政治団体への寄付行為は、政治資金規正法でも許されている。法律違反をしたという思いはなく、何らやましいことはないので、政治活動はこれまで以上に頑張りたい」と述べています自民 神谷昇衆院議員 解散前後に市議に現金配る | NHKニュース立憲民主・福山哲郎幹事長「少し驚いた」 自民・神谷昇衆院議員の現金配布問題 – 産経ニュース

-2017年11月24日
2017年11月20日政治とカネ

鶴保庸介参院議員の後援会長に鹿児島県の採石業者が工事参入の陳情に計850万円渡す。鶴保議員は否定。

鹿児島県の採石業者が鶴保庸介参院議員(自民党)後援会長に対し、沖縄県米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設工事への参入出来るよう陳情を繰り返し、その際50万~300万円、計850万円を面会料として渡していたことがわかりました。
また、同業者は2016年参議院選挙の際、鶴保議員の選挙活動費として計数百万円を負担したとしています。
鶴保議員は「まったく身に覚えがない」と否定しています普天間移設:「後援会長に1000万円」鶴保氏が報道否定 – 毎日新聞鶴保議員後援会長に多額資金か=業者が証言、選挙応援も-刑事告発を検討:時事ドットコム

-2017年11月21日