がん光免疫療法の登場 手術や抗がん剤、放射線ではない画期的治療


形式単行本
著者永山 悦子
出版日2017年8月25日
出版社青灯社

購入先

オバマ前大統領が年頭教書演説で紹介。 米国で日本人研究者・小林久隆さんが開発する画期的ながん治療法とは ・がん細胞に薬剤が結びつき、近赤外線を当てて治療する「光免疫療法」 ・がんを守る細胞を攻撃することで、全身の転移がんも消える ・副作用はほとんどなし。入院不要、治療費も安価。2~3年で実現可能の見通し ・楽天・三木谷会長設立のジョイントベンチャーを中心に日本での治験を推進 「がんの8~9割は直せるようになると思います。  がんはもう怖くない、といえるようにしたい」(小林さん) 青灯社HomePage:


引用

こちらもおススメです

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。