2017年11月18日(土)のニュース


2017年11月18日(土)に報じられた主なニュースをまとめています。

ピックアップニュース

2017年11月18日エネルギー

高速増殖炉もんじゅの廃炉交付金(30年間で合わせて60億円)に福井県、敦賀市に上乗せで調整

福井県敦賀市にある高速増殖炉もんじゅの廃炉期間中の地域経済に与える影響を考慮して、新たな産業振興支援目的に福井県と敦賀市に従来支給される予定だった年間1億円ずつ、30年間で合わせて60億円の交付金にさらに上乗せして支給することで調整を進めていることがわかりました[2]
-2017年11月18日

その他のニュース

温暖化、COP23大筋合意 先進国の削減、検証着手 – 共同通信 47NEWS

【ボン共同】ドイツ・ボンの気候変動枠組み条約第23回締約国会議(COP23)は18日未明、先進国による発展途上国支援など難航していた議題で大筋合意した。パリ協定が始まる2020年までの取り組み強化を図る内容を盛り込んだ決議を全体会合で採択…

中国特使、金正恩氏側近と会談 核開発の自制要求か(写真=AP)

【北京=永井央紀、ソウル=鈴木壮太郎】北朝鮮を訪問している中国共産党の宋濤・中央対外連絡部長は17~18日にかけて、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の側近と相次ぎ会談した。10月の共産党大会の結果を報告したとともに、核・ミサイル開発を自制し米国と対話するよう促したとみられる。中国高官の訪朝は2016年10月の劉振民外務次官(当時)以来約1年ぶり。 …

チベット自治区でM6.9 中国当局、被害確認進める

【北京=共同】中国地震局によると、18日午前6時34分(日本時間同7時34分)ごろ、チベット自治区ニンティ市メンリン県で、マグニチュード(M)6.9の地震があった。震源の深さは10キロと推定されている。地元当局が被害状況の確認を進めており、国営通信、新華社は、死者などは報告されていないと伝えた。 …

アルゼンチン潜水艦が不明 乗組員44人、15日から連絡取れず

南米アルゼンチンの南部沖を航行中の同国海軍の潜水艦(乗組員44人)が15日から連絡が取れない状態となっていることが17日、分かった。海軍は通信機器の故障の可能性…

政府、高所得の会社員増税の方向で検討へ | 財経新聞

政府は2018年度税制改正大綱に盛り込むことを目指す所得税改革について与党と調整に入った。

今日気になったモノ

サポート無しでヒューマノイドロボットがバク宙してます。

ボストン・ダイナミクスのヒト型ロボットが、なんと「バク宙」するまでに進化した(動画あり)|WIRED.jp

ソフトバンクが2017年6月に買収したボストン・ダイナミクスが、なんと「バク宙」するヒト型ロボットをつくりあげた。その進化は、歩いたり走ったりするにとどまらないのだ。論より証拠。記事中にある動画をご覧いただきたい。

タグ

2017年

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。