パナマ文書


形式単行本
著者バスティアン・オーバーマイヤー, フレデリック・オーバーマイヤー
翻訳姫田多佳子
出版日2016年8月27日
出版社角川書店
価格1,944円

購入先

「ハロー、私はJohn Doe。データに興味はあるか?」 「ジョン・ドゥ」とは、英語圏で裁判のとき実名が公表されては困る人物、 あるいは身元不明の死体に用いられる仮名である。 のちに「パナマ文書」と名付けられ、世界を揺るがすことになったスクープ。 すべては、この身元不明の生ける死体からの一通のメールから始まった。パナマ文書 バスティアン・オーバーマイヤー:書籍 | KADOKAWA


引用

パナマ文書とは何か? -タックス・ヘイブンの実体からピューリッツァー賞受賞まで

2016年4月、タックス・ヘイブンを利用して適切な納税を行っていなかったと疑われる政治家やその関係者、さらには著名人、資産家の名前が「パナマ文書」として世界中に公開されました。これは、パナマの法律事務所の内部データが匿名の人物からリークされたことがきっかけでした。本件を調査分析し、公開した国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)には、報道分野においてアメリカで最も権威のあるピューリッツァー賞が贈られました。…

こちらもおススメです

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。