偽りの帝国緊急報告・フォルクスワーゲン排ガス不正の闇


形式単行本
著者熊谷徹
出版日2016年8月10日
出版社文藝春秋
価格1,512円

購入先

2015年9月、世界の自動車市場でトヨタと1位、2位を争うフォルクスワーゲン(VW)グループで、創業以来最大のスキャンダルが発覚した。 25年間にわたってドイツで働き、この国の経済・社会について多数の本や論文を発表してきたジャーナリストが、世界の経済史に残る巨大スキャンダルを徹底取材。日本では伝えられない資料を駆使して、事件の経過、VWの歴史、社内権力構造を分析。事件の闇に光を当てる。『偽りの帝国 緊急報告・フォルクスワーゲン排ガス不正の闇』熊谷 徹 | 単行本 – 文藝春秋BOOKS


引用

フォルクスワーゲンによる排出ガス規制不正問題 -Noと言えない社風が招いたアメリカ自動車市場最大のリコール

2015年9月、アメリカで露見した世界三大自動車メーカーである独フォルクスワーゲンのディーゼル車の排出ガス規制不正問題。2017年現在まだ裁判は続いていますが、不正操作の始まりからこれまでの流れをまとめました。

こちらもおススメです

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。