Sedimentary processes and depositional environments of a continuous marine succession across the Lower-Middle Pleistocene boundary: Kokumoto Formation, Kazusa Group, central Japan


形式参考書籍・資料
著者西田尚央, 風岡修, 泉賢太郎, 菅沼悠介, 岡田誠, 吉田剛, 荻津達, 中里裕臣, 亀山瞬, 香川淳, 森崎正昭, 楡井久
オンライン版公開日2015年7月14日
掲載誌Quaternary International

購入先

The Chiba composite section of the Kokumoto Formation in central Japan is a remarkable, thick marine succession and is a candidate for formal recognition as the Global Boundary Stratotype Section and Point (GSSP) for the base of the Middle Pleistocene stage. Although there have been numerous studies of the Kokumoto Formation, the sedimentology of the formation, particularly in the Chiba composite section, has been unclear.Sedimentary processes and depositional environments of a continuous marine succession across the Lower–Middle Pleistocene boundary: Kokumoto Formation, Kazusa Group, central Japan – ScienceDirect


引用

地球の歴史に「千葉時代」 詳細な地層分析で太古の地球環境を復元

2017年11月12日、千葉県市原市の地層「千葉セクション」が一つの地質時代を区切る代表的な地層として認定を受ける大きな一歩を踏み出したことが発表されました。当初はライバルであったイタリア優勢の声も聞こえて来ましたが、研究チームが一丸となって隙のない研究成果を揃え、見事に難関をクリアしました。

こちらもおススメです

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。