2017年12月9日

イスラエルがロケット攻撃の報復にパレスチナに対して空爆し、民間人にも被害

トランプ大統領によるエルサレムの首都宣言後、パレスチナからのロケット攻撃への報復として、パレスチナガザ地区の武装組織施設に対して空爆を行いました。
それにより、施設近くの一般住宅も一部被害を受け、生後6か月の赤ちゃんを含む住民15人がけがをしたことがわかりました[1]

用語説明

イスラエルいすらえる

イスラエル国(イスラエルこく、ヘブライ語: מְדִינַת יִשְׂרָאֵל‎ メディナット・イスラエル、アラビア語: دولة إسرائيل‎ ダウラト・イスラーイール、英語: State of Israel [ˈɪzrɪəl, ˈɪzreɪəl])、通称イスラエルは、中東のパレスチナに位置する国家。北にレバノン、北東にシリア、東にヨルダン、南にエジプトと接する。ガザ地区とヨルダン川西岸地区を支配するパレスチナ自治政府(パレスチナ国)とは南西および東で接する。地中海および紅海にも面している。首都はエルサレムであると主張しているが、国際連合などはテルアビブをイスラエルの首都とみなしている(エルサレム#首都問題を参照)。イスラエル - Wikipedia

エルサレムえるされむ

エルサレムまたはイェルサレムは、イスラエル東部・パレスチナ自治政府にある都市。イスラエルはエルサレムが「首都」であると宣言しているが、国際連合など国際社会はこれを認めておらず、各国がテルアビブに大使館や領事館を置くなど、テルアビブを事実上の首都とみなしている。エルサレム - Wikipedia

パレスチナぱれすちな

パレスチナ(アラビア語: فلسطين、ヘブライ語: פלשתינה‎)は、地中海東岸の歴史的シリア南部の地域的名称。西アジア・中東に位置する。 中世以降の主要な住民はアラビア語を日常語とするムスリム(イスラム教徒)、キリスト教徒、ユダヤ教徒(ミズラヒム)である。前2者とごくわずかのミズラヒムが、近代以降世界各地から移住してきたユダヤ人に対して、パレスチナに在住するアラブ人としてパレスチナ人と呼ばれる。パレスチナ - Wikipedia

空爆くうばく

空襲(くうしゅう、英: Airstrike/Air-raid)は、空中から目標に対して爆弾の投下や機銃掃射などを行うことである。空襲 - Wikipedia


コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。