2017年11月10日

政府はSNSを介した殺人事件を受け、年内にTwitterの規制を含め、再発防止策を検討

政府は神奈川県座間市アパート切断死体遺棄事件を受けて、関係閣僚会議を開き、容疑者が犠牲者を探し出すために利用したTwitterの規制も含めて再発防止策を取りまとめる方針を固めました[1]
菅義偉官房長官は
(1)事件の全容解明と関係省庁の情報共有
(2)自殺に関する不適切なサイトや書き込みへの対策強化
(3)インターネットで自殺願望を発信する若者の心のケア対策の充実
を指示しました。

経緯のまとめ

用語説明

死体遺棄したいいき

死体遺棄(したいいき)とは、死体を遺棄すること、特に、人間の遺体を葬儀に絡む社会通念や法規に沿わない状態で放置することをいう。死体遺棄 - Wikipedia

自傷行為じしょうこうい

自傷行為(じしょうこうい、self-harm、以前はself-mutilation)とは、意図的に自らの身体を傷つけたり、毒物を摂取する事であり[2]、致死性が低い点で自殺とは異なる。リストカット、ライターやタバコで肌を焼く(根性焼き)、髪の毛を抜く、怪我をするまで壁を殴るなどの行為がある。虐待のトラウマや心理的虐待及び摂食障害、低い自尊心や完璧主義と正の相関関係があると考えられている。また抗うつ薬や、他の薬物などが自傷行為を引き起こすことが知られている。自傷行為 - Wikipedia

菅義偉すがよしひで

菅 義偉(すが よしひで、1948年12月6日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(8期)、内閣官房長官(第81代・第82代・第83代)、沖縄基地負担軽減担当大臣。現在歴代の内閣官房長官で最長の在任記録を持つ(更新中)。菅義偉 - Wikipedia

内閣官房長官・衆議院議員 菅(すが)義偉 ホームページ (神奈川2区 横浜市西区 横浜市南区 横浜市港区)/ TOP


こちらもおススメです

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。