2017年11月2日

インドネシア・スマトラ島で発見されたオランウータンが3種目の新種であると発表

スイス・チューリヒ大などの研究チームは、インドネシア・スマトラ島北部の一部地域で20年前に発見されていたオランウータンが、形態・遺伝子解析の結果、これまで知られていた2種とは異なる「第3の種」として発表しました[1][2]
しかし、この新種のオランウータンの生息数は800頭以下と推定され、既に絶滅の危機に瀕しているとして研究チームは保全を訴えています。

掲載科学誌

Morphometric, Behavioral, and Genomic Evidence for a New Orangutan Species: Current Biology


コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。