2017年12月8日

政府は2030年頃に100万kW規模の水素燃料発電所の商用化を目指す基本戦略案をまとめました

政府は「水素社会」の実現に向けて、2030年頃に原子力発電所1基分に相当する100万kW規模の水素燃料発電所の商用化を目指す基本戦略案をまとめました[1]
水素調達と供給のコストを下げる為に資源の確保、国際的な調達網の構築を進め、これに合わせて2030年度までに燃料電池バスを1,200台程度の導入を目標としています。


コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。