2017年11月7日

六ケ所村再処理工場で不適切な工事に対する点検が不適切

青森県六ケ所村にある使用済み核燃料の再処理工場で、配管を支える金具の取付作業時に不適切な工事が行われていたため、一昨年から15万ヶ所以上の部品点検を続けていますが、その点検作業が「金具に取り付ける部品」のみで行われ、金具自体の点検を行っていなかったことが判明しました[1]
ちなみにこの再処理工場は今年8月に、非常用発電機が設置された建屋の点検を14年間にわたり怠っていたため、雨水が流れ込む状況にあり、これが原因で本格運用審査が中断されていました。

用語説明

日本原燃にほんげんねん

日本原燃株式会社(にほんげんねん)は、核燃料サイクルの商業利用を目的に設立された日本の国策会社である。平成9年から平成23年現在まで、会長と社長の多くが東京電力の出身である。日本原燃 - Wikipedia

日本原燃株式会社

青森県六ケ所村あおもりけんろっかしょむら

六ヶ所村(ろっかしょむら)は、青森県の下北半島太平洋岸に位置する村である。
原子燃料サイクル施設などの原子力施設の他、国家石油備蓄基地や、やませを利用した風力発電基地等、エネルギー関連施設が集中している。ITER(国際熱核融合実験炉)の建設候補地として誘致を推進していたが、カダラッシュ(フランス)に建設されることが決定した。六ヶ所村 - Wikipedia

六ヶ所村 Official Web Site


コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。