2017年11月13日

千葉県市原市の77万年前の地層を元に千葉時代(チバニアン)として、国際標準地に登録答申

岡田誠教授(茨城大学理学部)、国立極地研究所らの22機関32名からなるグループは、千葉県市原市の養老川沿いにある77万年前の地層「千葉セクション」に地球の磁場が逆転した痕跡を発見し、これをその時代を代表とする「国際標準地」として国際地質科学連合の専門部会に申請していましたが、審査の結果、同候補地であったイタリアを退け、次の審査会に答申されることが決定しました。
これが認められれば、77万年前から12万6000年前までの地質時代を「チバニアン(ラテン語で千葉時代)」と名付けられることになります[1][2]

経緯のまとめ

地球の歴史に「千葉時代」 -詳細な地層分析で太古の地球環境を復元

2017年11月12日、千葉県市原市の地層「千葉セクション」が一つの地質時代を区切る代表的な地層として認定を受ける大きな一歩を踏み出したことが発表されました。当初はライバルであったイタリア優勢の声も聞こえて来ましたが、研究チームが一丸となって隙のない研究成果を揃え、見事に難関をクリアしました。

用語説明

千葉大学ちばだいがく

千葉大学(ちばだいがく、英語: Chiba University)は、千葉県千葉市稲毛区弥生町1番33号に本部を置く日本の国立大学である。1949年に設置された。大学の略称は特になく、千葉大と呼ばれる。書面では千大と記されているものがある。旧制六医科大学からの流れを汲む、旧官立大学の一つである。千葉大学 - Wikipedia

国立大学法人 千葉大学|Chiba University

千葉県市原市ちばけんいちはらし

市原市(いちはらし)は、千葉県中央部の東京湾に面する市。製造品出荷額が愛知県豊田市に次いで全国第2位の日本を代表する工業都市である(2007年(平成19年))。面積は千葉県の市町村で最も大きく、人口は約27万3千人で千葉県では第6位である。千葉市への通勤率は15.4%(平成22年国勢調査)。市原市 - Wikipedia

市原市ホームページ

国立極地研究所こくりつきょくちけんきゅうじょ

国立極地研究所(こくりつきょくちけんきゅうじょ、英称:National Institute of Polar Research)は、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構を構成する大学共同利用機関。南極、北極及びその周辺地域(極地)に関して、物理学や生物学など様々な科学的観点から観測、実験、総合研究を行っている。国立極地研究所 - Wikipedia

国立極地研究所

国立科学博物館こくりつかがくはくぶつかん

国立科学博物館(こくりつかがくはくぶつかん、英称:National Museum of Nature and Science、略称:かはく、科博)は、独立行政法人国立科学博物館が運営する博物館施設。国立科学博物館 - Wikipedia

国立科学博物館 National Museum of Nature and Science,Tokyo

国際標準模式層断面及び地点こくさいひょうじゅんもしきそうだんめんおよびちてん

国際標準模式層断面及び地点(こくさいひょうじゅんもしきそうだんめんおよびちてん、Global Boundary Stratotype Section and Point 略称:GSSP)とは、各地質時代を区切る境界を示すものとして、国際的同意の下に定められた層序断面及び境界の位置のことである。国際標準模式層断面及び地点 - Wikipedia

茨城大学いばらきだいがく

茨城大学(いばらきだいがく、英語: Ibaraki University)は、茨城県水戸市文京二丁目1-1に本部を置く日本の国立大学である。1949年に設置された。大学の略称は茨大(イバダイ)。茨城大学 - Wikipedia

茨城大学


こちらもおススメです

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。