2017年11月14日

TwitterのCEOは自殺関連の書き込みを削除するのではなく、つながりを重視

神奈川県座間市アパート切断死体遺棄事件」の事件を受けて、Twitterのジャック・ドーシーCEOは事件そのものは「とても残念なことだ」としたうえで、Twitter上の自殺に関する書き込みの全てを削除するのは現実的ではなく、むしろ利用者同士をつなげることで、自殺防止を図っていきたいと言う考えを示しました[1]

経緯のまとめ

用語説明

自傷行為じしょうこうい

自傷行為(じしょうこうい、self-harm、以前はself-mutilation)とは、意図的に自らの身体を傷つけたり、毒物を摂取する事であり[2]、致死性が低い点で自殺とは異なる。リストカット、ライターやタバコで肌を焼く(根性焼き)、髪の毛を抜く、怪我をするまで壁を殴るなどの行為がある。虐待のトラウマや心理的虐待及び摂食障害、低い自尊心や完璧主義と正の相関関係があると考えられている。また抗うつ薬や、他の薬物などが自傷行為を引き起こすことが知られている。自傷行為 - Wikipedia


こちらもおススメです

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。