2017年12月1日

皇室会議で天皇陛下の退位日を2019年4月30日とし、5月1日に新天皇が即位し、「平成」から改元

12月1日に開かれた皇室会議を踏まえ、天皇陛下は2019(平成31)年4月30日に退位した後、5月1日に皇太子が新天皇が即位し、「平成」から新しい元号に改元されることが決まりました[1][2]

用語説明

天皇てんのう

天皇(てんのう)は、日本国憲法に定められた日本国および日本国民統合の象徴たる地位、または当該地位にある個人。7世紀頃に大王が用いた称号に始まり、歴史的な権能の変遷を経て現在に至っている。天皇 - Wikipedia

改元かいげん

改元(かいげん)とは、元号を変更すること。改元 - Wikipedia

皇室会議こうしつかいぎ

皇室会議(こうしつかいぎ)は、日本の皇室に関する重要な事項を合議する国の機関である。皇室典範28条以下に定められる。重要事項について、皇室会議の「議を経る」または「議に拠る」こととされ、諮問機関とは一線を画する。皇室会議 - Wikipedia

オススメ

https://www.amazon.co.jp/dp/490811739X/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=ll1&tag=jastin-22&linkId=4aa052a060de7ba08dcf34189ef13c73


コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。