2017年9月下旬

神谷昇衆院議員(自民党)が、衆議院解散前後に市議会議員に現金配布

神谷昇衆院議員(自民党)が、衆議院の解散前後の9月に和泉市と岸和田市の市議会議員14人に対し、「政治活動費」として、それぞれ10万円または20万円、合わせて210万円を配っていたことがわかりました。受け取った14人全員はすぐに返金しています。
神谷議員は「政治団体から政治団体への寄付行為は、政治資金規正法でも許されている。法律違反をしたという思いはなく、何らやましいことはないので、政治活動はこれまで以上に頑張りたい」と述べています[1][2]

用語説明

公職選挙法こうしょくせんきょほう

公職選挙法(こうしょくせんきょほう、昭和25年4月15日法律第100号)は、公職(国会議員、地方公共団体の議会の議員・首長)に関する定数と選挙方法に関して規定する日本の法律。公職選挙法 - Wikipedia

e-Gov法令検索

政治資金規正法せいじしきんきせいほう

政治資金規正法(せいじしきんきせいほう)は、1948年に制定され、政治家や政治団体が取り扱う政治資金について規定した日本の法律。政治資金規正法 - Wikipedia

政治資金規正法

神谷昇かみたにのぼる

神谷 昇(かみたに のぼる、1949年4月12日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(2期)。元泉大津市長(3期)。神谷昇 - Wikipedia

神谷昇オフィシャルホームページ | 自民党大阪18区 神谷昇オフィシャルサイト

自由民主党じゆうみんしゅとう

自由民主党(じゆうみんしゅとう、英語: Liberal Democratic Party of Japan)は、1955年に日本民主党と自由党が合同して結成した保守主義を掲げる日本の政党。略称は自民党(じみんとう)、自民(じみん)、LDP。1字表記の際は、自と表記される。1955年の結党以来、政権与党の座にあり続けたが、1993年(平成5年)に自民党と共産党以外の政党による連立政権に政権を奪われた。翌1994年に自社さ連立により政権を奪還。2009年に民主党を中心とする連立政権である民社国連立政権に再び政権の座を奪われたが、2012年に公明党との連立により政権を奪還し、現在(2017年)まで、自民党と公明党の連立政権が続いている。自由民主党 (日本) - Wikipedia

自由民主党


こちらもおススメです

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。