2017年11月13日

千葉商科大学は太陽光発電と設備の省エネで2020年までに「自然エネルギー100%大学」を目指す

自然エネルギー100%プラットフォーム」に登録している千葉商科大学は、2020年までに大学の保有する太陽光発電(2.45MW)をさらに拡充し、キャンパス内の設備の省エネ化を進めることで、「自然エネルギー100%大学」の達成を目指すとのことです[1]

用語説明

千葉商科大学ちばしょうかだいがく

千葉商科大学(CUC)オフィシャルサイト。千葉県市川市にある千葉商科大学は、「実学」を教育理念とし、多くの人材を輩出してきた歴史ある大学です。大学概要、学部・大学院、社会貢献、国際交流、入試情報などに関する情報をご覧頂けます。

千葉商科大学 進化する大学|千葉商科大学

太陽光発電たいようこうはつでん

太陽光発電(たいようこうはつでん、英: Photovoltaics、Solar photovoltaics、略してPVとも)は、太陽光を太陽電池を用いて直接的に電力に変換する発電方式である。太陽光発電 - Wikipedia

自然エネルギー100%プラットフォームしぜんえねるぎーひゃくぱーせんとぷらっとふぉーむ

「自然エネルギー100%プラットフォーム」は、自然エネルギー100%の実現を提唱する世界的なイニシアチブです。このプラットフォームは、多くの国や地域ですでに実践されているプロジェクトを基盤として、「新しい常識」である100%自然エネルギーについての議論を喚起します。

自然エネルギー100%プラットフォーム


コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。