2017年12月1日

「日本アフリカ学会」が「黒いの」発言の山本幸三衆院議員(自民党)に抗議文

山本幸三衆院議員(自民党)が、三原朝彦衆院議員(自民党)のセミナーにて氏のアフリカ各国との交流や支援活動に関して「何であんな黒いのが好きなのか」と発言した件について「日本アフリカ学会」が抗議文を送りました。
山本議員は「黒いの」は「アフリカ人」ではなく、かつてアフリカが「黒い大陸」と呼ばれていたことから「アフリカ大陸」を指したものだと釈明していましたが、そもそも「黒い大陸」自体が差別用語であり、釈明が的外れであると批判しています[1]

用語説明

山本幸三やまもとこうぞう

山本 幸三(やまもと こうぞう、1948年8月8日 – )は、日本の政治家、大蔵官僚。自由民主党所属の衆議院議員(8期)、内閣府特命担当大臣(地方創生・規制改革)。
経済産業副大臣(第1次安倍内閣)、衆議院法務委員長・消費者問題に関する特別委員長・地方創生に関する特別委員長等を歴任した。山本幸三 - Wikipedia

衆議院議員 山本幸三のホームページ | 構造改革を止めるな。幸三改革を進めます。

日本アフリカ学会にほんあふりかがっかい

日本の学術研究団体のひとつ。欧文名は「Japan Association for African Studies」。日本におけるアフリカ研究の発展に努める。事務局所在地は京都府京都市。日本アフリカ学会とは - コトバンク

日本アフリカ学会 -Japan Association For African Studies-

自由民主党じゆうみんしゅとう

自由民主党(じゆうみんしゅとう、英語: Liberal Democratic Party of Japan)は、1955年に日本民主党と自由党が合同して結成した保守主義を掲げる日本の政党。略称は自民党(じみんとう)、自民(じみん)、LDP。1字表記の際は、自と表記される。1955年の結党以来、政権与党の座にあり続けたが、1993年(平成5年)に自民党と共産党以外の政党による連立政権に政権を奪われた。翌1994年に自社さ連立により政権を奪還。2009年に民主党を中心とする連立政権である民社国連立政権に再び政権の座を奪われたが、2012年に公明党との連立により政権を奪還し、現在(2017年)まで、自民党と公明党の連立政権が続いている。自由民主党 (日本) - Wikipedia

自由民主党

オススメ

アフリカ学事典

アフリカ学事典


コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。