2017年12月6日

NHKの受信料はテレビ設置で支払い義務があると最高裁で判決

2006年からNHKの受信契約を拒否していた男性に対してNHKが提訴していた裁判で争われていたNHKの受信料制度は憲法上の「契約の自由」に違反せず、テレビ設置した時点で受信料を支払う義務が発生すると判決を下しました[1][2]

用語説明

NHK

日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。
公式略称は、「NIPPON HOSO KYOKAI」の頭文字を取り「NHK(エヌ・エイチ・ケイ)」と呼称・記される。日本放送協会 - Wikipedia

NHKオンライン

最高裁判所さいこうさいばんしょ

最高裁判所(さいこうさいばんしょ)は、下級裁判所やその他の機関には覆すことが認められない判決を下す権限を有する最上級の司法裁判所(以下、「最高裁判所」)である。最高裁判所 - Wikipedia


こちらもおススメです

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。