X線天文衛星「ASTRO-H」プレスキット


ダウンロード先

宇宙は冷たく静穏に見えますが、 X線を用いると、爆発・衝突・突発現象など、激動に満ちた熱い姿が見えてきます。こうしたX線での宇田観測を飛躍的に進めるべく、日本がNASAや世界各国の協力をえて開発した新世代のX線天文衛星がASTRO-Hです。そこに搭載される最先端の装置「X線マイク口力口リメータ」は、宇宙からのX線を世界最高の分光性能で観測します。また同時に搭載される3種類の検出器は、軟X線から軟ガンマ線までの広い波長帯域で、高感度を実現します。ASTRO-H はこれらの新機能を駆使し、暗黒エネルギーや暗黒物質(ダークマター)の支配のもとで「見える物質」が宇宙最大の天体である銀河団を作ってきた過程や、多数の銀河の中心に君臨する巨大ブラックホールの生い立ちに切り込み、また中性子星やブ、ラックホールにおける極限状態での物理法則を探ります。


引用

こちらもおススメです

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。