がん

がんの記事

がん光免疫療法の登場 手術や抗がん剤、放射線ではない画期的治療

形式単行本
著者永山 悦子
出版日2017年8月25日
出版社青灯社

購入先

オバマ前大統領が年頭教書演説で紹介。 米国で日本人研究者・小林久隆さんが開発する画期的ながん治療法とは ・がん細胞に薬剤が結びつき、近赤外線を当てて治療する「光免疫療法」 ・がんを守る細胞を攻撃することで、全身の転移がんも消える ・副作用はほとんどなし。入院不要、治療費も安価。2~3年で実現可能の見通し ・楽天・三木谷会長設立のジョイントベンチャーを中心に日本での治験を推進 「がんの8~9割は直せるようになると思います。  がんはもう怖くない、といえるようにしたい」(小林さん) 青灯社HomePage:

再発・転移するがんと闘う -最強の免疫細胞を使うANK療法

形式単行本
著者リンパ球バンク株式会社
出版日2012年10月11日
出版社日経BPコンサルティング
価格2,916円

購入先

標準治療では再発・転移したがんに対応しきれない では、がんが再発・転移したらどうすればいいのか? 体内には、どんながん細胞でも狙い撃ち、破壊する免疫細胞である「生まれながらの殺し屋」ナチュラルキラー(NK)細胞がいます。...ANK免疫細胞療法│リンパ球バンク│関連書籍

がんのピックアップニュース

2018年1月15日医学

がん光免疫療法の実用化に向けて島津製作所とNCIが共同研究契約を締結

島津製作所は、米国国立がん研究所(National Cancer Institute:NCI)と5年間の共同研究契約を締結し、がん光免疫療法における抗原抗体反応を起こしたがん細胞への集積度合いや近赤外光による化学反応の進行状況を計測技術の開発すると発表しましたがん光免疫療法の実用化を目指す – 島津製作所とNCI、共同研究契約を締結 | マイナビニュース

-2018年1月15日
2017年11月27日医療

楽天がアスピリアン・セラピューティクスを持分法適用会社に

既に楽天三木谷会長兼社長が個人投資により取締役会長に就任していたアスピリアン・セラピューティクスに対し、楽天株式会社が20%以上を出資し、持分法適用会社としました楽天、がん治療に参入 米免疫VBに2割超出資  :日本経済新聞Online retailer Rakuten buys into US cancer treatment venture- Nikkei Asian Review。今後楽天は会員の健康データと合わせた医療サービス分野に参入するとのことです。

-2017年11月27日
2017年11月6日医学

保仙直毅准教授(大阪大学)らが「多発性骨髄腫」に対する免疫療法を開発

大阪大学の保仙直毅准教授、熊ノ郷淳教授、蛋白質研究所の高木淳一教授らの研究グループはCAR-T細胞療法を用いて血液のがんの一種「多発性骨髄腫」の細胞だけを攻撃し、大半を死滅させることに成功したと発表しました血液のがん細胞狙い撃ち死滅 阪大が実験成功、免疫療法開発へ – 共同通信 47NEWS多発性骨髄腫に対する新規「CAR-T細胞療法」を開発―インテグリンβ7の活性型立体構造を標的とした免疫療法― | 国立研究開発法人日本医療研究開発機構

-2017年11月7日