ウラン(うらん)

ウランとは、原子番号92の元素。ウラン - Wikipedia

天然に存在するウランは原子力発電に使用出来るウラン235と使用出来ない(俗に言う「燃えない」)ウラン238があります。しかし、ウラン235は非常に僅かしな採掘出来ないため、核燃料に成型する過程で「濃縮」する必要があります。

ウランの記事

ウランのピックアップニュース

2017年12月6日エネルギー

高速増殖炉もんじゅの廃炉計画を原子力規制委員会に申請

日本原子力研究開発機構は高速増殖炉もんじゅの廃炉計画を原子力規制委員会に申請しました。
計画が認可されれば、今後30年をかけて原子炉からの燃料取り出し、建屋解体の廃炉作業が始まることになりますもんじゅ廃炉計画を原子力規制委に申請 30年かけ解体へ | NHKニュース

-2017年12月6日
2017年11月29日エネルギー

日本原子力研究開発機構が毎日新聞報道を否定し、もんじゅからのナトリウム抜き取り可能と表明

毎日新聞が報じた「もんじゅ原子炉容器から液体ナトリウムの抜き取りが想定されていない設計であることが明らかに」について、日本原子力研究開発機構は以下の通りナトリウムの抜き取り作業は可能であり、報道内容は誤報であると表明しました平成29年11月29日付毎日新聞における「もんじゅ」に関する報道について

  • 燃料取り出しを最優先し、原子炉容器内のナトリウム抜き取りはその後の工程
  • 原子炉容器の底部に設置しているメンテナンス用の冷却管からナトリウムの取り出しは技術的に可能(詳細は今後)
  • 運転停止後長期間経過しており、ナトリウムの放射能レベルは低下
-2017年11月29日
2017年11月29日エネルギー

もんじゅ原子炉容器から液体ナトリウムの抜き取りが想定されていない設計であることが明らかに

廃炉が決定した高速増殖炉もんじゅは、当時完成を急ぐあまり、廃炉時に原子炉容器内の液体ナトリウム数百トンを抜き取ることを想定していない(抜き取ることが出来ない)ことを日本原子力研究開発機構が明らかにしました。
現在のところ、原子炉内の放射能を帯びたナトリウムを安全に抜き取る技術は確立していないとのことですもんじゅ:設計、廃炉想定せず ナトリウム搬出困難 – 毎日新聞

-2017年11月29日
2017年11月18日エネルギー

高速増殖炉もんじゅの廃炉交付金(30年間で合わせて60億円)に福井県、敦賀市に上乗せで調整

福井県敦賀市にある高速増殖炉もんじゅの廃炉期間中の地域経済に与える影響を考慮して、新たな産業振興支援目的に福井県と敦賀市に従来支給される予定だった年間1億円ずつ、30年間で合わせて60億円の交付金にさらに上乗せして支給することで調整を進めていることがわかりましたもんじゅ 廃炉交付金60億円を上乗せへ 文部科学省 | NHKニュース

-2017年11月18日