タグアーカイブ

タックス・ヘイブン

タックス・ヘイブンの記事

【継続更新中】新たな金融リーク事件「パラダイス文書」パナマ文書はタックス・ヘイブン問題の氷山の一角に過ぎなかった

タックス・ヘイブンを利用して租税回避、マネーロンダリングを行った政治家を含む著名人の実体が明らかとなった「パナマ文書」公開から1年半。今度はイギリス領バミューダ諸島にある法律事務所やシンガポールの法人設立サービス会社等からもたらされた内部文書が再び南ドイツ新聞、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)によって「THE PARADAISE PAPERS(パラダイス文書)」として公開されました。

タックス・ヘイブン -逃げていく税金

形式新書
著者志賀櫻
出版日2013年3月19日
出版社岩波書店
価格821円

購入先

税制の根幹を破壊する悪質な課税逃れ.そのカラクリの中心にあるのがタックス・ヘイブンだ.マネーの亡者が群れ蠢く,富を吸い込むブラックホール.市民の目の届かない場所で,税負担の公平を損なうさまざまな悪事が行なわれている.その知られざる実態を明らかにし,生活と経済へ及ぼす害悪に警鐘を鳴らす.タックス・ヘイブン - 岩波書店

パナマ文書とは何か? -タックス・ヘイブンの実体からピューリッツァー賞受賞まで

2016年4月、タックス・ヘイブンを利用して適切な納税を行っていなかったと疑われる政治家やその関係者、さらには著名人、資産家の名前が「パナマ文書」として世界中に公開されました。これは、パナマの法律事務所の内部データが匿名の人物からリークされたことがきっかけでした。本件を調査分析し、公開した国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)には、報道分野においてアメリカで最も権威のあるピューリッツァー賞が贈られました。…

パナマ文書 -「タックスヘイブン狩り」の衝撃が世界と日本を襲う

形式単行本
著者渡邉哲也
出版日2016年5月20日
出版社徳間書店
価格1,080円

購入先

世界に衝撃を与えているパナマ文書。2.6テラ、1150万件という膨大なデータ量で、今後、さまざまなスキャンダルが発覚する可能性がある。アイスランド首相を辞任に追い込み、プーチン、習近平の疑惑も発覚、キャメロン首相への批判は英国のEU離脱に影響を及ぼすと目されている。企業にしても不法な租税回避や反社会勢力との関係が暴かれれば、存続の危機すら招きかねない。オフ・ショアの仕組みから今後の世界・日本に与える影響までを分析!パナマ文書 | 徳間書店

タックス・ヘイブンのピックアップニュース

2017年11月10日経済

ケンブリッジやオックスフォード、コロンビアなどの海外名門大学がタックス・ヘイブンのファンドに投資

イギリスのケンブリッジ大学やオックスフォード大学、アメリカのコロンビア大学やプリンストン大学を含む104校が、タックス・ヘイブンに設立されたファンドに投資をしていることがわかりました【パラダイス文書】ケンブリッジ、オックスフォードなど名門大も税逃れか 100超校名、投資記録も – 産経ニュース

-2017年11月13日
2017年11月10日経済

パラダイス文書により、ジャージー島設立のファンドが2万6千曲以上の音楽使用料を租税回避していたことが判明

大手音楽グループの傘下企業ファーストステートメディア社がイギリス王室領ジャージー島に設立したファンドにカーペンターズやボブ・マーリーなど1940年代以降のジャズやR&B、ロックなど2万6千曲以上の著作権を保有させ、音楽使用料を租税回避していたことがパラダイス文書を元にしたICIJの調査でわかりました音楽使用料、租税回避地で課税逃れ 2万6千曲以上:朝日新聞デジタルParadise Papers: d’Evanescence à Bob Marley, 26.000 chansons logées dans une offshore – Le Soir

-2017年11月11日
2017年10月27日~経済

アップルビーは今回の内部データ流出はハッキングによるものであると声明を発表

アップルビーは今回流出した内部データはハッキングにより違法にICIJに渡ったものであり、タックス・ヘイブンを利用した違法行為を容認も不正もしていないとホームページ上で反論しましたパラダイス文書、最大流出元が「ハッキング受けた」と相次いで声明

-2017年11月6日