動力炉・核燃料開発事業団(どうりょくろ・かくねんりょうかいはつじぎょうだん)

動力炉・核燃料開発事業団(どうりょくろ・かくねんりょうかいはつじぎょうだん、Power Reactor and Nuclear Fuel Development Corporation、PNC)は、1967年10月2日に原子燃料公社を母体に発足した、戦後日本の特殊法人で、高速増殖炉および新型転換炉の開発を専門とする事業団である。通称・略称は動燃(どうねん)である。動力炉・核燃料開発事業団 - Wikipedia
核燃料サイクル開発機構ホームページ

動力炉・核燃料開発事業団の記事

動力炉・核燃料開発事業団のピックアップニュース

2017年12月6日エネルギー

高速増殖炉もんじゅの廃炉計画を原子力規制委員会に申請

日本原子力研究開発機構は高速増殖炉もんじゅの廃炉計画を原子力規制委員会に申請しました。
計画が認可されれば、今後30年をかけて原子炉からの燃料取り出し、建屋解体の廃炉作業が始まることになりますもんじゅ廃炉計画を原子力規制委に申請 30年かけ解体へ | NHKニュース

-2017年12月6日