日本原燃(にほんげんねん)

日本原燃株式会社(にほんげんねん)は、核燃料サイクルの商業利用を目的に設立された日本の国策会社である。平成9年から平成23年現在まで、会長と社長の多くが東京電力の出身である。日本原燃 - Wikipedia
日本原燃株式会社

日本原燃のピックアップニュース

2017年10月27日事件

六ケ所村再処理工場で7年前の除染不足で作業員手袋が汚染

青森県六ケ所村にある使用済み核燃料の再処理工場内の分離建屋(2010年に高レベル放射性廃液漏れで汚染、当時の作業員が被爆)で配管メンテナスにあたっていた作業員4人のうち1人の手袋からセシウムが付着していることがわかりました。その後の調査で、作業現場近くの2ヶ所で微量の汚染が確認され、7年前の除染作業が不十分であることがわかりました。

-2017年11月7日
2017年11月7日事件

六ケ所村再処理工場で不適切な工事に対する点検が不適切

青森県六ケ所村にある使用済み核燃料の再処理工場で、配管を支える金具の取付作業時に不適切な工事が行われていたため、一昨年から15万ヶ所以上の部品点検を続けていますが、その点検作業が「金具に取り付ける部品」のみで行われ、金具自体の点検を行っていなかったことが判明しました青森 六ヶ所村の再処理工場で不適切な点検 | NHKニュース

-2017年11月7日