普天間飛行場(ふてんまひこうじょう)

普天間飛行場(ふてんまひこうじょう、英: Marine Corps Air Station Futenma)は、日本の沖縄県宜野湾市にある在日米軍海兵隊の軍用飛行場。通称は普天間基地(ふてんまきち、MCAS FUTENMA)。2,700mの滑走路を持ち、嘉手納基地と並んで沖縄におけるアメリカ軍の拠点となっている。周りに住宅がある。普天間飛行場 - Wikipedia

普天間飛行場のピックアップニュース

2017年11月20日政治とカネ

鶴保庸介参院議員の後援会長に鹿児島県の採石業者が工事参入の陳情に計850万円渡す。鶴保議員は否定。

鹿児島県の採石業者が鶴保庸介参院議員(自民党)後援会長に対し、沖縄県米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設工事への参入出来るよう陳情を繰り返し、その際50万~300万円、計850万円を面会料として渡していたことがわかりました。
また、同業者は2016年参議院選挙の際、鶴保議員の選挙活動費として計数百万円を負担したとしています。
鶴保議員は「まったく身に覚えがない」と否定しています普天間移設:「後援会長に1000万円」鶴保氏が報道否定 – 毎日新聞鶴保議員後援会長に多額資金か=業者が証言、選挙応援も-刑事告発を検討:時事ドットコム

-2017年11月21日